不動産投資と融資に関して考察【本の紹介】

オススメの本

 

こんにちは 秋田県で不動産投資をしております だいた と申します

 

今回は不動産投資と融資に関しての考察をしました

 

融資に関しての結論は、利用価値が高いと思いますし、利用出来れば早期のFIREも目指せる大切なツールだと考えます

 

今回、融資に関しての良書にも出会えましたので合わせてご紹介いたします

 

最後までご覧いただけたら幸いです

 

不動産投資と融資に関して考察【本の紹介】

不動産投資と融資に関して考察【本の紹介】

 

今回紹介したい内容は、以下の通りです

 

  • 本の紹介
  • 不動産と融資
  • 築古戸建を続けるなら必要はあまりないが…
  • 融資=借金の考え方
  • 私が描くサイドFIRE

 

順を追って説明して参ります

 

本の紹介

 

先ずは本の紹介をさせて頂きます

 

『銀行員だった大家が教える!不動産投資 融資攻略バイブル』/半沢大家 著です

 

本の出会いはSNSで成功されている先輩大家さんがみんな愛読していたためです

 

この本の素晴らしい所は、半沢大家さんが元銀行員で内情に詳しく、どうしたら融資が引けるのかを丁寧に説明してくれている所です

 

また融資に関して知識のない方にも分かりやすく、損益計算書とバランスシートに関しても説明してくれています

 

私は不動産投資関連の本を読むのが好きなのですが、半沢大家さんもおっしゃっておられるのですが、融資に関しての本はあまり出版されていません

 

しかも内情を知る方の本とあれば、これほど安い投資はないと思います!

 

1度読み終わり、2回目の理解を深める読書をしている最中です

 

この良書と、融資に関しての考察をしていきたいと思います

 

不動産と融資

 

不動産投資に関して、融資を引くタイミングは、レバレッチ(てこの原理)を使って物件を購入したいときでしょう

 

ですので築古戸建のように金額が100万円以内の物件を買い進めてDIYしていく大家さんであれば、あまり融資は必要ないかもしれません

 

不動産投資の戦い方次第では融資は必要な武器となります

 

目指す目標や所有したい物件によって融資は必要になってくると思います

 

私の不動産投資の現在の考え方は、徐々に物件を大きくしていき、最初はキャッシュフロー(利益)を増やしていき、徐々に資産価値の高い物件へ移行していく

 

このように考えております

 

そう考えると、1棟物のアパート購入を目指していくので、融資は必要な戦略となります

 

普通に考えると融資=借金となり、今でも日本には借金=悪のイメージが色濃く残っています

 

不動産投資と出会う前の私もそう考えていました

 

でも融資を受けないと行き着けないステージがあることを、投資関連の本から学びましたし

 

何より私がセミナーに参加して登壇されいる方はみんな、融資を受けて成功されいています

 

 

築古戸建を続けるなら必要はあまりないが…

 

築古戸建を私は2軒所有していますが、もし築古戸建を続けていくなら融資はあまり必要ないと思います

 

自分の資金内で賄える物件金額で内装もDIYで基本仕上げるスキルがあれば必要ありません

 

でも、もし仮にですが、築古戸建だけ続けていてどうしても良い条件のアパート購入をしたいとなった時

 

融資先が無い場合どうでしょうか?

 

もしその時、まだサラリーマン大家をしているのであれば、その属性を活かして融資を打診することも可能かもしれません

 

しかし、独立して会社設立をしていた際、融資は受けられない可能性があります

 

何故なら、銀行の融資は取引のある実績のある相手にお金を貸したいからです

 

新規で融資を打診してきた相手が、ちゃんとお金を利子をつけて返済してくれるか不透明だからです

 

しかも、サラリーマン属性は結構大事のようで、会社経営者よりも会社員の方が融資を受けやすい可能性が高いようです

 

無借金経営は素晴らしいと思いますが、転進するときも融資は大きな武器になると感じます

 

借金=悪ではなく、融資先を開拓して置いて損はないと思います

 

何かあった時に助けてくれる武器になってくれると私は考えます

 

融資=借金の考え方

融資=借金であり、借金は悪である風潮が今も根強く残っています

 

そもそも借金がいけないというのは、ギャンブルや贅沢品にお金を使い、無謀な借金を繰り返している人間が悪です

 

そうではなく、事業を運営して利益を生み出すツールとして融資を考えるべきです

 

世の中の会社で銀行から融資を受けて経営をしているのは約4分の3のようです

 

無借金経営されている方もいますが、どこの会社も融資を受けて経営をしています

 

私の勤める会社も、融資や会社の業績説明のため社長が日々奔走していると聞きます

 

事業としての借金は認められるのに、個人の借金は良い顔がされないのは自分の私利私欲のために使うからだと思います

 

私は不動産投資を事業として運営していきたいと考えています

 

不動産事業を通じて地域の会社に仕事を依頼して利益を生んで、賃貸業ですから入居される方に喜んでもらえる住まいを提供したいと考えています

 

また、事業を通じて利益の一部を恵まれない子供たちに支援をしていきたいと考えております

 

今はまだほんの少ししか、支援は出来ていませんが…

 

事業でうまく成功出来れば、このスキルで不遇な環境で育った子供たちに、学歴が無くても、辛い環境で育っても、頑張れば幸せになれるとノウハウを伝えたいとも思っています

 

誰かを幸せに出来る融資をするのも、融資=借金=悪となるでしょうか?

 

勿論事業ですから、自分の利益も大事です

 

自分が安定して利益を出せていないと誰も救えないので

 

融資を受けて事業を拡大していき利益を拡大する中で、誰かを幸せにしていくことは悪ではないと私は考えます

 

このように大風呂敷を広げて、自分にプレッシャーをかけています(笑)

 

私が描くサイドFIRE

 

今後の計画として、私はサイドFIREを現在目指しています

 

そのために融資は必ず必要になる計画です

 

築古戸建を運営していますが、築古も継続しつつ融資を受けてアパート購入をしていきたいと考えています

 

計画ではあと4年後になるのですが、今回紹介させて頂いた半沢大家さんの本に出会て良かったです

 

アパートを購入して、融資の開拓をしていき物件戸数を増やして本業の収入と同じくらいになったら

 

今の会社を辞めて、不動産業の内装関係の仕事に進む予定です

 

内装関係の仕事でもノウハウが出来れば、先程お話しした子供たちやこれから不動産投資を始めたいと思う後輩にレクチャーも出来ると思います

 

それにもしこの内装業も、別事業で進められたら、恵まれず育った子供たちの就職先になるかもしれません

 

今まで何も夢もなく、パワハラや見て見ぬふりをされるサービス残業をして、終わりの見えない私の社会人生だったのに、不動産投資は沢山の夢を生んでくれました

 

この夢に向かって、融資を受けるのであれば、融資=借金=悪にならないのではないかと思います

 

不動産投資の融資は、FIREやサイドFIREを目指すためのツールとして、私は有効であると考えます

 

まとめ

記事に対するまとめの画像

いかがでしたでしょうか?

 

不動産投資における融資は、規模拡大には出来るだけ使った方が良いツールだと私は思います

 

現在の日本は、まだ金利が低い状態でお金を借りることが出来ますが、アメリカのFRBが利上げをしたように

 

いつ金利が上がるかわからない状態でもあります

 

勿論利益の出る融資が大前提ですが、今の金利で借りれるのはいつ終わるか分かりません

 

今のうちに融資開拓をして実績を創るのも手だと思います

 

融資にネガティブな印象もまだあるとは思いますが、使い方次第では大きな武器になるはずです

 

皆さんも是非、融資に関して勉強してもらいたいです

 

今回は以上となります

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました

 

だいた

コメント

タイトルとURLをコピーしました